本などで出会った小話13「ことばとは一体何でしょうか。」

『ことばとは一体何でしょうか。』

 

「芽は「目」、花は「鼻」、葉は「歯」。

植物は、昔の人にとって大切な存在でした。」

(「大人の樹木学」引用)

 

ことばって不思議です。

 

たとえば

木になるは「気になる」、

植は「食」や「色」など、

生は「聖」や「正」など、

地は「知」や「血」など、

物は「者」、・・・たくさんあります。

また、

「神」は「上(かみ)」にあり、

「髪」も「上(かみ)」にあります。

「紙」には、ことばを書くことができます。

 

記号でも、

「+(プラス)」は、

プラス思考など前向きな意味で使われます。

反対に「-(マイナス)」は、

ネガティブな場合に使われます。

+は十字架の形にも似ております。

十字架の縦の線は神と自分の関係、

横の線は人々と自分の関係と言われます。

十字架は、神と人々と自分との良い関係を保つことが

大切という意味でも使われます。

 

 

ことばや記号は得てして、

発する音が似ているだけでは無く、

意味にあっても似ています。

 

しかし、ことばとは一体何でしょうか。

 

初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。

聖書には、ことばは神とあります。

 

私たちが普段用いていることばも

実は人間にだけ使うことを赦されているのです。

なぜなら

神に似せて創られたからです。

しかし、似ているのであって同じではありません。

私たち一人一人は神の恵みに預かる者として

神に贖われたのです。

 

神の恵みに十分預かりたいと思うなら

信じて紙にことばを書くだけで無く、

ことばを声に出して祈ることで

その祈りは聞かれているのです。

 

繰り返す様ですが「ことば」は神なのです。

 

私たちにあっても、

ことばを声に出して相手に伝えないと

伝わらないのと同じように、

神に対してもことばを声に出して

伝えることで私たちの願いが伝わるのです。

 

もし、あなたが今、願いがあるなら

ことばを声に出してキリストに祈ることで

かなえられる近道になります。

 

yui